スポンサーサイト

--------

Tag :

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ZOJIRUSHI 空気清浄機 PA-ZA06-BA ブラック レビュー 感想

2013-02-18

Tag :

ZOJIRUSHI 空気清浄機 PA-ZA06-BA ブラックZOJIRUSHI 空気清浄機 PA-ZA06-BA ブラック
(2008/07/21)
象印

商品詳細を見る



この商品を購入し使用してみたのでレビューを書く。

まず簡潔に感想をまとめておく。

良い点
・筐体が非常にコンパクト
・シンプルな構造
・値段なり、若しくはそれ以上の脱臭能力
・音が静か目であること(弱運転であればほとんど気にならない)

この商品の特性として覚えておくべきこと
・前面吸気上面排気
・脱臭は活性炭フィルターで行なっている
・弱運転・強運転の2つのモードしかないこと


詳細は長くなるため、追記として書いた。下のリンクから。
部屋の中で煙草を吸いたかったので買ってみた。
これを購入した決め手としたのはAmazonレビューなのだが、レビューで主に書かれていたのは

・愛煙家向き
・煙草専用


といった煙草の脱臭能力に秀でているといったような内容が多かった。

この空気清浄機は6畳までということだが
僕の住んでいる部屋はちょうど6畳なのでその点も好印象であった。
(よく考えるとこの考えは間違いである。これでは空気清浄能力に余裕が無いので不適。後悔している)

まず宅配便で届けられた時、箱はAmazonのものではなく
この商品の箱のままであった。
Amazonのはこの中にこの商品の箱が入っている、などという
面倒な状態ではなかったことはよかった。
(だいぶ廃れていきて入るが「エコ」でもある)
商品詳細を見ていただけるとわかるが、
この空気清浄機はなかなかにコンパクトである。
6畳までなので当然ではあるが、このコンパクトさで
あれば棚の上などにも置けるだろう。
僕の場合は置ける棚がなかったので床に直置きだ。


箱を開け、製品を取り出しまず最初にすることは
脱臭フィルターの取り付けである。
この空気清浄機の構造は非常にシンプルで、
蛇腹状の集塵フィルターと活性炭による脱臭フィルター、
たったのこれだけ。これで本当に大丈夫なのかと心配になるぐらいだ。

取り付ける際は前面のパネルを開ける。
このパネルは非常に簡単に開く。耐久性が若干懸念される。
集塵フィルターはもともと付いているので、
それを外し内側に脱臭フィルターをつける。

これで使用することが出来る。若干の手間はあるものの
構造的には非常にシンプルなため使うまでに手間取ることはないだろう。


で、実際に使ってみた感想を述べようと思う。
部屋はほとんど閉めきって空気清浄機を強運転させている。

僕はライトスモーカーなので1日に5本も吸わないのだが
タバコの匂いが完全に消えるということはない
外に出て部屋に戻ってくると若干だが煙草の残り香はある。
そりゃ布製品とかたくさんあるしそうだよね。完全には消えないよね。


でも、そこまで気になる臭いではなかったのも事実。
ほんのり残っているぐらいの臭い。
ただ、喫煙者の主観のため、非喫煙者からすれば臭いかもしれない。

もしかしたら、これと煙草の消臭剤を併用して
運用していけばほぼ臭いはなくなるかも…!
ただし注意点がひとつ。
芳香剤と併用すると、脱臭フィルターが芳香剤の成分を吸着し
寿命が縮む&とてつもなく臭くなるらしい。
無香の消臭剤などは恐らく大丈夫だろう。

使用中の音の大きさなどに関しては
それなりに気になる音ではあるが、支障が出るほどではない
というのが個人的な感想だ。
会話の音量のほうがよほど大きいし、
テレビでもつけていれば気にならないレベル。

それと、個人的に気になった部分が。
前面吸気上面排気の空気清浄機なので、普段自分が活動する
いつもいるようなスペースからは遠ざけたほうがいいかもしれない。
(もしくは、床置ではなく棚などに置く)
なぜかというと、上面排気の勢いが割と強めなので
その風を受けているととっても寒いからである。
夏場はいいかもしれないが、冬場は地獄でしかない。
コンパクトな筐体で、どこにでも置けはするが
置くスペースに関しては留意していただきたい。


ただ、どうせ5000円出してこれを買うなら
もう2000円ほど追加して



こっちを買ったほうがいいかもしれない。
各々の予算と相談して決めるべきことではあるが。

以上
もし何か知りたいことがあればコメントにてお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひーくん

Author:ひーくん
最近の活動区域:SA

現在は
P1CHU.
eren74jpn
four o'clock
と言う名前で活動しています






最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

☆カウンター☆

ブログ内検索

リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる